Top >  内容証明郵便について >  内容証明の書き方 2

内容証明の書き方 2

内容証明の書き方 1、」の続きです。


郵便局に行くときに必要なものは

内容証明郵便にする手紙を3通用意しておきます。


そして封筒は封を開けた状態にしておきます。

あとは差出人の印鑑と郵便料金が必要になってきます。


郵便局員の確認があると3通のうちの1通を

郵便局で保管しておき、1通は差出人が受け取り、

もう1通は受取人に郵送される仕組みになっています。


配達証明を受け取るためには郵便局員に

配達証明付きにして欲しいと言います。


配達証明にする場合、

郵便局が受取人に配達したということを

証明してくれるので証拠となるのです。


そして電子内容証明の場合は、内容証明郵便を

インターネットで郵便局に差し出す方法です。


その方法は24時間受け付けているので

とても便利です。


受取人へ送付する場合は

通常の内容証明郵便と同じ方法で

郵便局員が配達する仕組みになっています。


また利用者登録をし、電子内容証明ソフトを

ダウンロードする方法なのです。


このような方法もありますので、

ぜひ、参考にしてみて下さいね。

         

内容証明郵便について

高額な教材を購入してしまった人や
初期費用を支払ってしまい、契約を解除したいときの
内容証明郵便の書き方などを書いています。

このカテゴリ内の記事


内容証明郵便とは
内容証明の書き方 1
内容証明の書き方 2
電子内容証明システムについて


悪質在宅ワークの種類

内職商法について

在宅ワーク商法

マルチ商法

デート商法

催眠商法

モニター契約

業務提供誘引販売取引

内容証明郵便について






Yahoo!ブックマークに登録