Top >  内容証明郵便について >  内容証明の書き方 1

内容証明の書き方 1

内容証明郵便の紙はどのような紙で書いても

良いとされています。


私が書いたときは、

消費者センターさんから用意された紙で書きました。


また内容も消費者センターさんにも

協力をして貰いました。


そして同文を3通作ることも

忘れないようにしましょう。


私が色々調べていて初めて知ったこと。。。


それは1枚の紙に書ける文字数が

決まっているということなのです。


縦書きの場合は1行で20字以内で

1枚で26行以内で書きます。


また横書きの場合は1行で20文字以内の書き方と

1行で26文字以内で1枚で20行以内の書き方、あるいは

1行で13文字以内で1枚に40行以内という書き方になります。


そして文書の内容として

通知書、催告書、催促状などと

タイトルを付けておきます。


本文は必要事項を確実にわかりやすく書きます。


差出人と受取人の場合は

住所・氏名・会社などを記入して、

差出人の場合は印鑑を捺印。


印鑑は捺印した方が良いそうです。


差出年月日は差出日を書いておきます。


また2枚以上になったときは

契印・割印を押しておきます。


郵便局での出し方は

集配郵便局と地方郵政局長が指定した

無集配郵便局のみの取り扱いとなります。


内容証明の書き方 2、」につづきます。。。

         

内容証明郵便について

高額な教材を購入してしまった人や
初期費用を支払ってしまい、契約を解除したいときの
内容証明郵便の書き方などを書いています。

このカテゴリ内の記事


内容証明郵便とは
内容証明の書き方 1
内容証明の書き方 2
電子内容証明システムについて


悪質在宅ワークの種類

内職商法について

在宅ワーク商法

マルチ商法

デート商法

催眠商法

モニター契約

業務提供誘引販売取引

内容証明郵便について






Yahoo!ブックマークに登録