Top >  モニター契約 >  クーリングオフの期間経過後

クーリングオフの期間経過後

クーリングオフ期間を経過した場合は

法的な知識と判断が必要になってきます。


そしてすぐに解約が出来るわけではないので、

事業者との交渉が必要です。


そしてモニター商法では商品だけを買わせるのが目的なので

殆どというより仕事を全く回さないケースが増えています。


そのような場合は騙されたことに気付いてから半年以内、

契約してから5年以内のなるべく早い期間で

契約の取り消しを行うことが出来ます。


そして契約者が未成年の場合や

契約のときに不備な内容が書かれていた場合も

契約の取り消しや解約が出来ます。


またクレジット契約をしている場合は

事業者とクレジット会社にも

手続きをする必要があります。


クレジット会社には抗弁の接続をすることを

通知しなければいけません。


これをすることによりクレジット会社の支払いが

問題が解決されるまでの間

中断することが出来ます。


例としては健康食品(ダイエット食品)の無料モニター募集を

インターネットでやっていたため、応募してみました。


ところが高額なタブレットとマッサージジェル(お腹用)を

クレジットで買わされてしまい、実際には無料モニターではなく

クレジットローンだけが残ってしまった。


このようなケースが増えていますので

このような無料モニターという書き込みがあった場合は

注意しておきましょう。

         

モニター契約

「モニター」と聞いても、
すぐには、「悪徳ではないか」
とは、思わないですよね。

しかし、中には悪質なモニター契約が
存在します。

その被害に遭わないためには
どうしたら良いかを記事にしました。

このカテゴリ内の記事


モニター契約の解約(クーリングオフ)
クーリングオフの期間経過後


悪質在宅ワークの種類

内職商法について

在宅ワーク商法

マルチ商法

デート商法

催眠商法

モニター契約

業務提供誘引販売取引

内容証明郵便について






Yahoo!ブックマークに登録