Top >  モニター契約 >  モニター契約の解約(クーリングオフ)

モニター契約の解約(クーリングオフ)

モニター契約の解約方法は、モニター商法の場合は

法律で定められている義務提供誘引販売というのに該当して

クーリングオフの対象になっているのです。


契約書を受け取った日にちから20日以内であれば

クーリングオフをすることができ、

その通知を事業者に送ることが出来ます。


また、商品を受け取った日ではないので、

注意しておいて下さいね。


そしてクーリングオフをするためには理由を書く必要がないので

事業者の承諾も勿論必要ないということなのです。


クーリングオフをすることで

我々消費者は費用を支払うことはありません。


また、商品がある場合は着払いで返品が出来ます。


解約料なども支払う必要がありません。


しかし化粧品などの消耗品は

開封したり消耗してしまうと

クーリングオフが出来なくなることがあります。


もしクレジット契約をした場合は

クレジット会社にも

クーリングオフの通知を送ります。


そしてクーリングオフやクレジット会社で送る通知は

内容証明と配達証明が必要になりますので

残してある場合は、その書類も一緒に専門家へ持参しましょう。


クーリングオフのことでとても不安に感じていることがある場合は

消費者センター、または弁護士の方に相談してみましょう。

         

モニター契約

「モニター」と聞いても、
すぐには、「悪徳ではないか」
とは、思わないですよね。

しかし、中には悪質なモニター契約が
存在します。

その被害に遭わないためには
どうしたら良いかを記事にしました。

このカテゴリ内の記事


モニター契約の解約(クーリングオフ)
クーリングオフの期間経過後


悪質在宅ワークの種類

内職商法について

在宅ワーク商法

マルチ商法

デート商法

催眠商法

モニター契約

業務提供誘引販売取引

内容証明郵便について






Yahoo!ブックマークに登録