Top >  業務提供誘引販売取引 >  業務提供誘引販売取引の詳細

業務提供誘引販売取引の詳細

業務提供誘引販売取引とは業者が仕事を紹介するといい

消費者に必要な教材や高額なパソコンなどを

購入させられる商法なのです。


在宅で収入が得られると信じてしまい、

教材料や材料費などを払うのですが

収入は僅かしか貰えません。


例として


「在宅ワークでデータ入力をするためには

 教材を買う必要があり

 試験に合格した場合は月に10万以上貰える。」


「貨物配送や独立営業で40万の収入が得られるという。」


などといった内容です。


そのような場合は契約金額が高額なので

支払い方法がクレジット会社や金融会社が多いのです。


そして申込みの方法ですが、その方法は

電話勧誘やインターネット検索などといった方法なのです。


もしこのような方法で応募した場合は注意しましょう。


私もインターネットで沢山このような募集方法が

書かれているのを見ました。


冷静になって考えてみると内職や在宅ワークというのは

簡単に稼げるものではありません。


給料も月に10万以上となっている会社は

ないと思いました。


そして資料請求して下さいというような会社も

怪しいということもわかりました。


この世の中、悪徳商法が沢山存在しているので

いつ誰かが被害に遭うのかわかりませんね・・・。


色々勉強させられます。

         

業務提供誘引販売取引

この言葉の意味を消費者センターの
担当者から教わりました。

まだその意味を知らない人もいると思うので
その詳細を記事にしました。

このカテゴリ内の記事


書面交付義務
クーリングオフ制度
業務提供誘引販売取引の詳細


悪質在宅ワークの種類

内職商法について

在宅ワーク商法

マルチ商法

デート商法

催眠商法

モニター契約

業務提供誘引販売取引

内容証明郵便について






Yahoo!ブックマークに登録