Top >  業務提供誘引販売取引 >  クーリングオフ制度

クーリングオフ制度

クーリングオフ制度とは業務提供誘引販売取引で

契約の書面を受け取った日から数えて20日間で

書面によりクーリングオフが出来る仕組みになっています。


クーリングオフのことでもし業者が

クーリングオフは出来ないと言った場合。。。


また事実とは全く異なることを言った場合、

そして消費者が困惑・勘違いをしてしまって

クーリングオフをしなかった場合。。。


20日間が経過していても

クーリングオフが出来るのです。


また業者は損害賠償や

違約金の請求をすることが出来ません。


商品の引き取りに関しても

業者側の負担となります。


契約解除の場合はお互いが原状回復義務を負うこととなり

業者は消費者から受け取った今までの金額や取引料を

速やかに返金する必要があります。


消費者はその商品を返還するかたちになります。


クーリングオフの通知の場合は簡易書留、あるいは

内容証明郵便として出すことになります。


契約申込みや承諾の意思表示の取り消しの場合は

勧誘の内容とは全く異なっているということを

業者が告げなければいけません。


その内容が真実だと信じてしまい

契約をしてしまったときなどは

その契約を取り消すことが出来るのです。

         

業務提供誘引販売取引

この言葉の意味を消費者センターの
担当者から教わりました。

まだその意味を知らない人もいると思うので
その詳細を記事にしました。

このカテゴリ内の記事


書面交付義務
クーリングオフ制度
業務提供誘引販売取引の詳細


悪質在宅ワークの種類

内職商法について

在宅ワーク商法

マルチ商法

デート商法

催眠商法

モニター契約

業務提供誘引販売取引

内容証明郵便について






Yahoo!ブックマークに登録