Top >  催眠商法 >  催眠商法の対策法

催眠商法の対策法

催眠商法の対策法として会場に行ったり

近付かないことが一番良い方法です。


タダと言っていても

実際には高く値段が付けられてしまうので

とても怖いのです。


そして全くわからないタダ券を貰った場合は

何かあるのではないかと

冷静になって考えた方が良いでしょう。


特に気を付けて欲しいことは

チラシや引換券に書かれた会場が

仮設の臨時店舗であるときなのです。


もし騙されて買ってしまっても

契約書を受け取った日から8日以内であれば

無条件でクーリングオフが出来ます。


クーリングオフをする場合は販売業者の名前や

契約をした日、商品の名前など

全部記入して書面で必ず送ることです。


そして注意しておかなければいけないことは

同じ箇所で一定の期間で開催しているときは

特定商取引法から外れてしまう可能性があります。


また暴力をふるわれたり脅されたときは

警察に連絡するようにしましょう。


そして被害に遭ったときは

消費者センターに行き相談して下さい。


悩んでいるだけでは解決しません。


相談して心もスッキリしましょう。

         

催眠商法

「催眠商法」何だかこわいですね。

その被害に遭わないためには
どうしたら良いかを記事にしました。

このカテゴリ内の記事


催眠商法とは
催眠商法の対策法


悪質在宅ワークの種類

内職商法について

在宅ワーク商法

マルチ商法

デート商法

催眠商法

モニター契約

業務提供誘引販売取引

内容証明郵便について






Yahoo!ブックマークに登録