Top >  催眠商法 >  催眠商法とは

催眠商法とは

催眠商法とはチラシやくじ引きなどに通行人を誘って、

会場に呼んだときに景品を無料で配るなどをします。


そして、会場にいる人達を興奮させた状態で

冷静な判断が出来なくなってから

高価なものを買わせるという商法なのです。


その被害者は高齢者に多いと思いがちなのですが

実際には主婦の方も被害に遭っているのだそうです。


契約をしないと暴力をふるわれたり

脅されたりすることが多いようです。


主な商品として羽毛布団や健康機器、

健康食品などです。


被害額はだいたい35万ぐらいと

言われています。


なかには100万円を超えるものもあるそうです。


手口は商品割引券やくじ引きなどで人を集めて

仮設の臨時店舗で徴収出来るような仕組みになっているそう。


そして会場で集まった人達に景品などを配り、

挙手をしてハイと返事をさせる練習をさせられるのです。


司会者が

「1000円のところ100円にします。欲しい人」

といい、練習した人達が大きな声で返事していくのです。


この方法が繰り返し繰り返し行われるので

早く買わないといけないと

思ってしまうのが落とし穴なのです。

         

催眠商法

「催眠商法」何だかこわいですね。

その被害に遭わないためには
どうしたら良いかを記事にしました。

このカテゴリ内の記事


催眠商法とは
催眠商法の対策法


悪質在宅ワークの種類

内職商法について

在宅ワーク商法

マルチ商法

デート商法

催眠商法

モニター契約

業務提供誘引販売取引

内容証明郵便について






Yahoo!ブックマークに登録