Top >  在宅ワーク商法 >  在宅ワーク商法の解約方法

在宅ワーク商法の解約方法

< 悪質業者の見分け方 >


・初心者でも簡単に仕事が出来、簡単な試験なので

 すぐに合格出来ると都合の良いことを言う


・資格をもっていると言っても

 高額な教材などを買わせようとする


・法律で定められている契約書がない


といった特徴です。


また中途解約の方法として内職商法やSOHOの契約の場合は

契約書を消費者センターなどの専門家に見せるようにします。


その理由として契約してから数ヶ月が経過したときでも

契約書の不備を指摘することでクーリングオフが

出来る可能性があるからなのです。


契約してから8日以上経っている場合はクーリングオフが

出来ないと思い込んでしまっている人がいると思いますが

それは勘違いです。


契約書がしっかりしているときは難しくなりますが

面接のときや説明のときと違うという場合は


・債務不履行の解除(仕事を与える義務が怠っているので)


・消費者契約法の解除


を検討するようです。


ずっと悩みを抱えているという方は

専門家の方に相談することをお勧めします。

         

在宅ワーク商法

悪徳な在宅ワーク商法にも様々な種類があります。

その被害に遭わないためには
どうしたら良いかを記事にしました。

このカテゴリ内の記事


在宅ワーク商法の被害例
在宅ワーク商法の解約体験談
在宅ワーク商法の解約方法


悪質在宅ワークの種類

内職商法について

在宅ワーク商法

マルチ商法

デート商法

催眠商法

モニター契約

業務提供誘引販売取引

内容証明郵便について






Yahoo!ブックマークに登録