Top >  内職商法について >  若者をターゲットに強引な勧誘

若者をターゲットに強引な勧誘

強引な勧誘とは20代をターゲットにして

無料でオリエンテーションを

受講させるという商法なのです。


ある例の場合・・・


当時大学3年の女子学生の被害です。


女子学生はパソコンインストラクター体験受講1回無料

と書かれていたのでその甘い言葉につれられてしまい、

友達を誘って申込みをしたそうです。


パソコンが出来ると仕事に有利で

インストラクターとしての資格も取れると思い、

会場に行くことになりました。


しかし定員がオーバーになりましたと言われ

友達は違う会議室に行きました。


その講義の内容はコースの説明とインストラクターの

資格を取ると仕事でどのぐらい役立つのか

という説明だったようです。


そして何故か支払い方法になってしまい

契約の方へと進んでしまったそうです。


コースが1年になってしまい、30万になることがわかったので

帰ろうとすると業者に卒業前に資格が手に入るから

良いことと言われ、疲れてしまい仕方なく契約することに。


その女子学生は最初は講座に通ったものの

段々卒論等で忙しくなっていきました。


自宅から教室まで距離もあり、行く余裕がなくなったので

解約を申し出たところ、違約金がかかると言われたそうです。


このような無料と書かれてあるものには

裏があるので信じてはいけません。

         

内職商法について

悪徳な内職商法には様々な種類があります。

その被害に遭わないためには
どうしたら良いかを記事にしました。

このカテゴリ内の記事


悪徳内職商法を見抜く方法
悪徳商法の見分け方
募集要項の内容に注意
内職商法の勧誘の仕方
内職商法の勧誘の仕方 2
内職商法の逮捕者
内職商法の二次被害
軽貨物運送の内職商法について
若者をターゲットに強引な勧誘


悪質在宅ワークの種類

内職商法について

在宅ワーク商法

マルチ商法

デート商法

催眠商法

モニター契約

業務提供誘引販売取引

内容証明郵便について






Yahoo!ブックマークに登録