Top >  内職商法について >  内職商法の二次被害

内職商法の二次被害

内職商法の二次被害とは、1回消費者トラブルに

遭った人に対し、支払いが完了しているのに

前の契約が継続していますなどといい勧誘する手口のことです。


例として・・・


数年前にパソコンの内職を勧められたので

契約することになりました。


しかし勉強が難しくて

なかなか進むことが出来ないので

途中でやめてしまい放置。


数ヶ月が経ち、今度は別の業者から電話があり

「過去の契約の場合は生涯学習システムなので

継続するのかやめるのか考えて欲しい」


と言われ、やめると答えたときに

「50万を払って貰えば卒業扱いとなり、契約解除をします。

そうでないと色々な会社から150万の請求になります。」


と言われたそうです。


そしてその結果卒業を選んだのですが

数日後に50万程度の教材が届いたそうです。


このような被害例から、

一度被害に遭ってしまった人は

二次被害にも遭いやすいとのことです。


被害を防ぐためには・・・


業者を信じて、断ることが出来ずに契約をしてしまった場合は

電話勧誘による契約の場合、契約書面を受け取ってから

8日間はクーリングオフが出来ます。


業者にクーリングオフの通知を送る場合は

配達記録が残る文書をお勧めします。

         

内職商法について

悪徳な内職商法には様々な種類があります。

その被害に遭わないためには
どうしたら良いかを記事にしました。

このカテゴリ内の記事


悪徳内職商法を見抜く方法
悪徳商法の見分け方
募集要項の内容に注意
内職商法の勧誘の仕方
内職商法の勧誘の仕方 2
内職商法の逮捕者
内職商法の二次被害
軽貨物運送の内職商法について
若者をターゲットに強引な勧誘


悪質在宅ワークの種類

内職商法について

在宅ワーク商法

マルチ商法

デート商法

催眠商法

モニター契約

業務提供誘引販売取引

内容証明郵便について






Yahoo!ブックマークに登録