Top >  内職商法について >  内職商法の逮捕者

内職商法の逮捕者

なかには内職商法で

逮捕されるケースもあると言われています。


私が調べてみたところ、

様々な理由で逮捕者が出ているのです。


その中の例として書いてみようと思います。


その逮捕者とは・・・


2008年の4月に内職商法(株)マイン関連

損賠請求事件において全面勝訴

(株)マインの内職詐欺商法で宮城県警に逮捕。


その後で仙台地検から起訴されていた

刑事事件で関連していました。


被害に遭った13人が2003年の6月で静岡地裁沼津支部に

損賠提訴した事件は2004年の2月に

品田勇治と渋谷隆に対して全面勝訴。


そして他の被告は訴訟上の和解の成立で

2008年の3月に残りの被告5人の判決で

原告たちに請求を認めて全面勝訴となりました。


このような事件ががいくつかありますが

今、業者が消費者から支払われた金額で生活していたとしても

数年後にはどん底まで落ちてしまうのですね。


悪いことをすればいつかは痛い目にあうとは

このようなことだと思います。


まだ逮捕されていない業者が沢山あり

全員が逮捕とはいきません。


少しでも多くの逮捕者が出てくれると良いと思っています。

         

内職商法について

悪徳な内職商法には様々な種類があります。

その被害に遭わないためには
どうしたら良いかを記事にしました。

このカテゴリ内の記事


悪徳内職商法を見抜く方法
悪徳商法の見分け方
募集要項の内容に注意
内職商法の勧誘の仕方
内職商法の勧誘の仕方 2
内職商法の逮捕者
内職商法の二次被害
軽貨物運送の内職商法について
若者をターゲットに強引な勧誘


悪質在宅ワークの種類

内職商法について

在宅ワーク商法

マルチ商法

デート商法

催眠商法

モニター契約

業務提供誘引販売取引

内容証明郵便について






Yahoo!ブックマークに登録