Top >  内職商法について >  内職商法の勧誘の仕方 2

内職商法の勧誘の仕方 2

内職商法の勧誘の仕方」の続きです。


「仕事を始める際に資格を取る必要があるので

教材を購入する必要があります。そして誰でも取れる資格です。」


という言葉もよく目立ちます。


資格を持っている人を募集すれば良いことなのに

何故高価な教材を買わせて勉強させるのかわかりません。


そして

「1日に1、2時間の勉強で合格出来ます」


という言葉。


この場合は資格を取るのに簡単な試験はありません。


他にも色々な勧誘の仕方があります。


「月に10万程度稼ぐことが出来ます」


とよく在宅ワークの募集として掲載されています。


この場合は実際には全く稼ぐことが出来ず

ローン代だけが残ってしまうという仕組みなのです。


「報酬でローンを一括する人もいます」


実際に一括している人がいれば皆一括しています。


「もし業務がない場合は全額返金します」


業務がないときは

だいたい破産していることが多いのです。


結果的には返金されないことが殆どです。


また破産したライフプランナーの場合は

返金を約束したそうですが、

全く返金されていないという報告が来ているようです。

         

内職商法について

悪徳な内職商法には様々な種類があります。

その被害に遭わないためには
どうしたら良いかを記事にしました。

このカテゴリ内の記事


悪徳内職商法を見抜く方法
悪徳商法の見分け方
募集要項の内容に注意
内職商法の勧誘の仕方
内職商法の勧誘の仕方 2
内職商法の逮捕者
内職商法の二次被害
軽貨物運送の内職商法について
若者をターゲットに強引な勧誘


悪質在宅ワークの種類

内職商法について

在宅ワーク商法

マルチ商法

デート商法

催眠商法

モニター契約

業務提供誘引販売取引

内容証明郵便について






Yahoo!ブックマークに登録