Top >  内職商法について >  募集要項の内容に注意

募集要項の内容に注意

悪徳商法の見分け方として

簡単な方法があるのです。


その方法とは


1、内職なのに「初期費用がかかる」という言い文句


内職で働く身であるのに

お金を支払わせるのは怪しいといえます。


2、内職で仕事をするのに教材や道具などを買わせる


パソコンや教材を高額で先に買わせると書かれている募集は

注意しておきましょう。


3、内職で資料請求しないといけない


実際に私も副業がしたくて応募しようとしたら

資料請求して下さいと書かれていました。


しかしむやみに連絡先を教えてしまうと

後から電話がしつこくかかってくることがあるので

個人情報は絶対に教えないようにしあしょう。


4、二十歳未満、そして18歳未満禁止と書かれてある


この場合はクレジット契約をさせ、

高額なものを買わせるためなのです。


というような内容が1つでもあれば

手を出してはいけません。

4、の場合は、悪質出会い系サイトや

懸賞サイトにも多く書かれてあります。


そして安全な内職を探すためには

市町村の役所で内職相談をやっています。


公共の場の力を借りるのも良いと思います。


今はなかなか自分の良いと思ったところがないかも知れませんが

じっくり探してみると意外にあるかも知れません。

         

内職商法について

悪徳な内職商法には様々な種類があります。

その被害に遭わないためには
どうしたら良いかを記事にしました。

このカテゴリ内の記事


悪徳内職商法を見抜く方法
悪徳商法の見分け方
募集要項の内容に注意
内職商法の勧誘の仕方
内職商法の勧誘の仕方 2
内職商法の逮捕者
内職商法の二次被害
軽貨物運送の内職商法について
若者をターゲットに強引な勧誘


悪質在宅ワークの種類

内職商法について

在宅ワーク商法

マルチ商法

デート商法

催眠商法

モニター契約

業務提供誘引販売取引

内容証明郵便について






Yahoo!ブックマークに登録