Top >  内職商法について >  悪徳内職商法を見抜く方法

悪徳内職商法を見抜く方法

悪徳内職商法を見抜く方法とは

会社名や経営者の氏名や住所、

電話番号が記載されているかどうかです。


そしてその会社は

本当に実在するのかを

きちんと調べておく方が良いでしょう。


所在地が明確でなかったり

電話番号がフリーダイヤルの場合や

携帯電話のみの場合は気を付けて下さい。


そして電話連絡が取れるという理由で

その会社が本当に実在すると思い込むのは

とても危険なことです。


悪徳業者の中で架空の会社を作り、

電話代行業者と結託して

電話対応をさせている場合もあるそうです。


また申し込むときはFAXかはがきと書かれている場合も

電話代行業者を利用している可能性が高いと言われています。


私も実際にFAXで経歴書を送ったことがあります。


そして電話代行業者も多くの悪徳業者の受け付けを

掛け持っている可能性が高いので

電話対応に追われる毎日なのです。


他の連絡手段を増やしておくことによって

対応業務が楽になるからなのです。


そして悪徳業者を見分けるポイントにもなります。

         

内職商法について

悪徳な内職商法には様々な種類があります。

その被害に遭わないためには
どうしたら良いかを記事にしました。

このカテゴリ内の記事


悪徳内職商法を見抜く方法
悪徳商法の見分け方
募集要項の内容に注意
内職商法の勧誘の仕方
内職商法の勧誘の仕方 2
内職商法の逮捕者
内職商法の二次被害
軽貨物運送の内職商法について
若者をターゲットに強引な勧誘


悪質在宅ワークの種類

内職商法について

在宅ワーク商法

マルチ商法

デート商法

催眠商法

モニター契約

業務提供誘引販売取引

内容証明郵便について






Yahoo!ブックマークに登録