Top >  悪質在宅ワークの種類 >  シール貼り被害の実際例

シール貼り被害の実際例

シール貼りの在宅ワークの場合は

「簡単な手作業で高収入が得ることが出来ます!」

といった広告がインターネットで掲載されていることが多いです。


しかしこのような言葉は絶対に信用出来ません。


このような言葉で登録料や契約料などが

請求されてしまうのです。


その金額は1万円から3万円ぐらいで

まれに数十万というものもあるそうです。


仕事をするのに何故お金がかかるのだろうと

不安になりつつもついお金を払ってしまう・・・

このような被害が年々増えています。


また資料請求して下さいと

書かれていることがよくあります。


そして興味があり、資料請求をしてしまう人も

なかにはいると思います。


しかし一度資料請求をしてしまうと

電話がしつこくかかってきます。


その電話で初期費用で数十万かかると言われ、

クレジットの分割払いで支払うことになるのです。


まず内職に資料請求などという書き込みはありません。


もし資料請求をしてしまった場合は

絶対に連絡を取らないようにして下さいね。

         

悪質在宅ワークの種類

実際にどのような在宅の種類があるのか
色々な知り合いに聞いたり、
インターネットで調べました。

その結果、沢山の種類があったので、
記事にしました。

このカテゴリ内の記事


モニター商法の被害
データ入力の在宅ワーク
シール貼り被害の実際例
アフィリエイトの在宅ワーク
チラシ配りの業者破産について
チラシ配りの代理店契約について
折鶴内職の詳細
医療事務の在宅ワーク
手作り工房リードタイム内職
パチンコなどギャンブル攻略法詐欺
ネットオークション詐欺の仕組み
呉服展示会のアルバイト 


悪質在宅ワークの種類

内職商法について

在宅ワーク商法

マルチ商法

デート商法

催眠商法

モニター契約

業務提供誘引販売取引

内容証明郵便について






Yahoo!ブックマークに登録