Top >  悪質在宅ワークの種類 >  モニター商法の被害

モニター商法の被害

モニター商法というのは、

いきなり電話勧誘をしてきたり、

新聞や雑誌の募集に実際に応募してみたところ・・・


「新商品を購入し、モニター契約をすると無料でモニター会員になれます」


などというパターンで勧誘して来るのです。


結果的に契約をしたら

勧誘のときに言っていたこととは全く違って

ローンだけが残ってしまうといったかたちになってしまうのです。


そして最悪のパターンとして

業者と連絡が取れないことも。。。


モニター商法は商品販売とはまた違って

契約内容が複雑なところがあるため

クーリングオフ期間が20日間とされているのです。


しかし気付いてから数ヶ月が過ぎていると

クーリングオフが過ぎてしまっている

といったことが多くあります。


そのような場合は言っていたこととは全く違う

などといった理由を述べて、

解約交渉をしなければなりません。


モニター商法の特徴として


・商品が高額なため、クレジットで利用する契約がとても多い。


・どのような調査をしても、実際にはモニターの実体がないことが多い。


・商品のモニターとは別にモニター登録の保証料を

 支払わなければならないこともある。


などといった特徴なのです。

         

悪質在宅ワークの種類

実際にどのような在宅の種類があるのか
色々な知り合いに聞いたり、
インターネットで調べました。

その結果、沢山の種類があったので、
記事にしました。

このカテゴリ内の記事


モニター商法の被害
データ入力の在宅ワーク
シール貼り被害の実際例
アフィリエイトの在宅ワーク
チラシ配りの業者破産について
チラシ配りの代理店契約について
折鶴内職の詳細
医療事務の在宅ワーク
手作り工房リードタイム内職
パチンコなどギャンブル攻略法詐欺
ネットオークション詐欺の仕組み
呉服展示会のアルバイト 


悪質在宅ワークの種類

内職商法について

在宅ワーク商法

マルチ商法

デート商法

催眠商法

モニター契約

業務提供誘引販売取引

内容証明郵便について






Yahoo!ブックマークに登録